現代に蘇る松下村塾

現代に蘇る松下村塾

【完全個別指導】一人ひとりをより大切にした学習環境と指導方法

ショウイン式
画面の指示に従って簡単な操作で進めることができる対話形式の学習です。
自分の学年にとらわれることなく、どこからでも始められます。
つまずき始めたところに戻って、完全に理解し問題が解けるようになるまで、マイペースでじっくり学習を進めていきます。
松下村塾の指導法
八畳一間に文机一つの教場で、統一的なカリキュラムを組まず、各人の学力と好みに合わせて、勉強分野と教科書を選びました。
課題を与え、出てきた答えを批評する対策、思い思いに読書をして皆の前で所感を述べ、塾生の批評を受ける私業などがありました。 そのいずれも塾生一人ひとりの個性に合わせたきめ細かい学習支援でした。

【自主性の重視】自ら学ぶを育てる

ショウイン式
各教室のスケジュール授業に加え、自分の好きな時間に好きなだけ学習をする考え方を尊重し、自宅でも学べるインターネット学習環境を提供しています。
勉強は継続していくものですから、学習を楽しみながら時間を気にせずに取り組めることを理想としています。
生徒は学習内容がわかり始めると、学習することが楽しみになってきます。
楽しくなると自分で計画して学習ができるようになります。
自分の好きな科目分野がみつかると、ますます学ぶ楽しさが身についていくことでしょう。
松下村塾の指導法
塾生の一人ひとりがもっている才能を自分自身で発見し、刺激し、展開させ、実践にまで駆り立てるという自主性を育てる自己教育を重視しました。
その授業は塾生一人ひとりの自主性にむだねられ、時間割も自ら決めて一日の授業の始まりも塾へ来ると始められるというものでした。
一日数回通う者もおり、勉強に集中すると時間を気にせず一晩中徹夜で勉強をする塾生も多くいました。

【先入観を捨てた指導】 生徒と同じ視線に立って

ショウイン式
生徒が知っていて当然だという教師の先入観をもった指導が、生徒のやる気を損ねる原因になる場合があります。
特に算数・数学・英語は最初の単元から始めることを勧めています。 例えば、「一次方程式」などはその前に「正負の数」と「文字式」を理解していなければ、全く理解できません。
つまり、基礎を少しずつ積み上げて学習していかなければならない性質があるからです。
ショウイン認定校では、これらの科目についてはステップの最初から始めることで、自動的に生徒自身が自分の学力の穴を発見し、その穴を埋めて初めて先に進むことができる学習方法を採用しています。(学力スキャン機能)
松下村塾の指導法
松陰は塾生に対し、身分・年齢・経歴などによる先入観には一切とらわれず各々の長所を見つけて引き出し、やる気を奮い立たせる教育を行いました。
入門を希望する塾生に対して「授業は能わざるも、君と共に考究せん」と答え、「眼中師弟なし、ただ朋友あり」という考え方でした。
教師と生徒という立場ではなく、常に共に学ぶ同志という塾生と同じ視線にたった姿勢で接しました。

【インプット学習】しっかり読んで理解力を徹底させるインプット学習

ショウイン式
ショウインでは、「しっかり読んで内容を確実に理解すること」をインプット学習と呼んでいます。
まず、問題を解く前に要点やポイントを読み取り、内容を理解します。
読んで内容を理解する能力を作ることがまず大切なことです。
問題文の内容が理解できてはじめて正解が導き出せます。
どの科目も自分の学年を超えた学習内容にチャレンジできるようになっており、学習内容をじっくり読んで理解できればどんどん先へ進むこともできて、学力も驚くほど向上します。
松下村塾の指導法
松陰は、文の内容を見極め理解する能力をつけるための熟読を大切にしました。
時に、句読点のない白文を読ませ、わざと塾生たちを苦しめたのです。
松陰は、『村塾零話』の中で「白文を読むのはむつかしくて、読みあやまることもあるが、後には大変力がつく」と言っています。
つまり、白文を読ませることは文の意味を強く理解しようとする姿勢を高め、文のいわんとする内容を正確に把握できる能力をつけるために行ったのです。

【アウトプット学習】 学力定着には欠かせない繰り返し学習

ショウイン式
ショウインでアウトプット学習と呼んでいる学習方法の一つに「ノート学習」があります。
インプット学習で理解した内容を専用ノートに書き出すことで、 学習内容が頭の中できちんと整理整頓されていきます。
特に漢字や単語、重要語句は何度も書いて指で覚えてしまうことが大切です。
インプットとアウトプットを繰り返して学習し、学力を定着させることが最大の秘訣です。
ショウインではノート学習を最大限に活用させる工夫がとられています。
松下村塾の指導法
松陰は、読書しながら盛んに筆記をしました。深く読み、深く理解するためには筆記することが非常に効果的だったからです。弟子たちにも筆記することを強く勧めました。
松陰は、「今年の筆記は明年の禺となり、明年の筆記は明後年の拙を覚えるべし、是知識の上達するしるしなり。」という言葉を残しています。

【 情報教育 】 学ぶ楽しさや興味を引き出す豊富なコンテンツ

ショウイン式
子どもたちの学習に対する興味をさらに引き出し、知識の印象度をより高くするため、歴史上の人物のモンタージュボイスやムービー、アニメ、ビデオなど3万点を超える画像や音声を駆使した学習環境を提供しています。
「より楽しく!より解りやすい!」を目指した解説の充実を考えています。
また、ショウインで学ぶ子どもたちが交流できる掲示板もあり、勉強の息抜きをかねたり、学習仲間の情報交換の場として利用できます。
松下村塾の指導法
松下村塾では、いち早く情報教育を取り入れていました。
松陰自身が全国を巡り集めた情報や経験、遊歴中の塾生や友人から送られてくるさまざまな情報をもとに 「飛耳長目帳」と呼ばれていた手づくりの新聞が備えられ、国内外の最新情報を塾生たちに閲覧させ、教材としても利用されていました。
新聞から知る地方の様子や世の中の変化に塾生たちは興味を抱き刺激され、さらに学問に打ち込みました。

【学力アップ評価】学習意欲が湧き上がる学習履歴と評価システム

ショウイン式
学習した内容はすべてきめ細かく学習履歴として保存。その履歴はいつでも確認でき、自分で理解度を分析することもできます。
また、頑張った内容は誰でも評価されたいもの。
ショウインでは、学習項目が一つ終了するごとに評価メッセージが表示され、同時に画面上で ご褒美のコインが数枚もらえる仕組みになっています。
貯まったコインの枚数により、プレゼントと交換できる楽しみもプラスされ、目標をもって楽しく学べるようになっています。
※コインの賞品交換は各認定校で独自に賞品内容を考案され、運用されています。
松下村塾の指導法
ほめる時は「天下一」「防長随一」など、賞賛の言葉で褒め讃え、叱る時は厳しく罵倒しました。
学問に取り組む強い意志を持ち、高い自主性を備えた塾生たちは、 本人すら気づいていない潜在能力を引き出され、多くの塾生たちが様々な分野で優れた功績を残す人物へと成長しました。
塾選びにお悩みの保護者様へお子様の学年に合わせた学習法のアドバイス
小学校のお子さまへアドバイス
中学校のお子さまへアドバイス
お問い合わせ・資料請求
ページトップ